2005年09月24日

ただいま帰りました!!!

こんばんわ!!
ゆーーた(黒)です

焼けました。タイは暑かった。。。ダイビングの魅力にハマリ、タイ人気質にやられ魅せられ

異文化交流に英会話のモチベーションがあがり、
とても学べた10日間でしたお。

最近になって思うのですが、もっと学年が若いうちに、海外旅行に行っておくべきだった。単なる観光目的だけでなく、
学べることがすごい多い!!!!!!

後、6ヶ月もないですが、できるだけたくさん海外に行きたいと思ったよ。

今回の旅行で一番学べたことは
、「笑顔でいること」だね。

なーんだそんなことかい、、、なんて思わないで。

タイ人は、目があった時、商売の時、ちょっとした発見のとき、笑顔をたくさんみせてくれる。

タオ島にいるとき、僕があるいていたら、お店の女の子が店の前にある木に花をみて素晴らしい笑顔をみせてくれた。なぜだかドキッとしてしまった。

ひょっとしたら、小さなことかもしれないことだけど、新しい発見への喜びだったり、楽しさだったりを素直に表現することがすばらしいことなのじゃないかなと。

物事を素直に表現しすぎて、生まれてくるのは笑顔だけじゃないのは知っているけれど、彼らは喜びというか心地よさを表現するのが上手なのであろう。また、笑顔が笑顔を生むのを知っている(タイでは特に)。それが彼らにとって「サバーィ(気持いい)」なのであろう。

最終日の近づいた21日、一人でアイリッシュパブで一人で飲んでいた時に、イングランド人のおっさんと話した時、おっさんも同じ考えを持っていた。
「イギリスなんで最悪の町さ、メイクマネーのことしか考えず、やつらはいつもつまらない顔をし、顔を見ていると、なんで見ているんだなんて言いがかりをつけてくる。タイ人はメイクマネーも考えるが、みんなスマイルを忘れない。そこがすばらしい!!」

みんな同じことを感じるんだと思った、だってタイでは日本人同士と目があっても笑顔だよ!!!考えられない!!!

まあここで感じたことを、いかに自分の生活に役立てていくか考える。タイに行ったときだけ、タイ人のように笑顔を振りまくのではなく。

日本でも、笑顔を忘れない生活をしたい。

厳しい状況のときとか、そういう時は考えるけど、自分を明るくするだけでなく、日本でも笑顔で笑顔を生ませたい。そんなことを考えた。

同じアジア人として学ぶべきことは多い。

というわけで、明日からはタイ振り返り日記書きます。
posted by ゆーた at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7274531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。